中古車と新車どっち?

オークションで中古車を購入するか新車を購入するか

新車と中古車を購入するにはどちらにもメリットとデメリットがあります。新車を購入する時のメリットは保証がしっかりとついているという点があり、これは中古車でも保証を付けている業者もありますが、新車の場合には料金を支払う必要はなく保証を受けることができるので故障した場合には修理してもらうことができます。

業者によって違いますが料金を支払う事で保証期間を延ばすことができる事もあります。中古車の場合の保証はこれも業者によって違いますが、購入した車の自動車メーカーの保証が残っている場合にはその自動車メーカーの保証を受けることができますし、中古車を販売している業者が独自の保証をつけているものです。

この保証をつけるものでは業者により違いますが、料金が必要な場合もあるので注意が必要です。さらにオークションを利用しての中古車の購入の場合にはあまり保証がつくことがありません。

理由はオークションを利用するのは自動車販売業などをしていない人は参加する事もできないものなので、代わりに購入してもらうというシステムで、オークションjの車両は保証などそういったものがつかないから安いという面もあるので、慎重に考える事が大切です。

業者によっては代行で購入を行っている所でも保証をつけている所もあるので、もし保証を望む場合にはそういった保証がついている所で購入すると良いでしょう。

新しい車の場合のメリットには長期間、誰かが乗ったという事はないので内装などに汚れなどがないとうことがあります。
これは中古車によって違いますが中古車の場合にはシートなどに汚れがある場合がありこういったものを避けたいという人は新しい車を購入するか中古の車を購入する時には中をしっかりと見て汚れがついていないかチェックする事で汚れがついていない車を購入することができます。

最後に中古車のメリットというものは新しい車を購入するよりも安く購入することができます。新しい車の場合では高額になり購入できないといった場合にも中古車では手に入れることができるという事もあり大きなメリットの一つです。

もう一つのメリットは新しい車では販売されていない車を買うことができるという所です。

販売をやめた車種やモデルチェンジを行った場合には欲しいと望んだ車を新しい車では購入することはできませんが、中古の車の場合ではそういった事が購入できる可能性があり、中古の車を販売している所でも見つからない場合にはオークションではたくさんの車が出品されているので見つけることができる可能性があります。